低用量のピルは少量であるからこそ副作用を抑えて効果を出します。少量ピルの主な作用は、生理周期を整える、生理痛を抑える、肌トラブルや女性特有の病気を防ぐ、そして妊娠を防ぐことになります。しかし正しく服用した場合に限り、この効果を得ることができます。また少量ピルでよくある噂として、不妊になる、太るというものがありますが、それらはあくまでも噂であり、真実ではありません。少量ピルで太るようなことはありません。そのような噂が流れる原因として考えられるのは、肥満の女性には服用できないことからそのような噂が流れたことが考えられます。太ることや不妊になることはありませんので、安心して服用してください。

当然モーニングアフターピルを用いても太る、不妊になるようなことはありません。モーニングアフターピルは、最終手段の緊急避妊薬になります。種類が大きく分けて2つありますが、よく使われるモーニングアフターピルとして72時間以内にきちんと決められた方法で服用することで、高い確率で妊娠を防ぐ効果があります。9割強の成功率がありますので、セックスの後にトラブルが生じた場合は、早急に使ってほしい医薬品です。

日本は今でも望まない妊娠により中絶を希望する女性が多くいます。それは10代の少女も該当者に入るのが現状です。モーニングアフターピルがあることで、望んでいない妊娠を防ぐことができます。また次の生理が来るまで不安に駆られながら生活するという、精神的に不安定な時期から解消することにもなります。知っていれば防ぐことができますので、もしその時が来たのであれば、緊急避妊薬を使って、正しい方法で服用して望まない妊娠を防ぎましょう。